アポクリン腺がある場所は、脇の下や陰部、乳輪などの限局

アポクリン腺がある場所は、脇の下や陰部、乳輪などの限局された部位です。

 

みんながアポクリン腺を持っていて、粟の粒のような形状で皮膚の裏側に並んでいます。

 

脇が臭う人はアポクリン腺の数が多く、一つ一つの粒が大きい傾向があります。

 

粒の数は生まれたときに決定していて、大きさは思春期頃に男女ともに大きくなり、老年になると小さくなっていきます。

 

もともとは、フェロモンとしての役目をしていたのが、ここから出るにおいでした。

 

ワキガを治療するには、きっと手術しかないだろうと思っている人もいるようですが、自分でも充分治せます。

 

優れた制汗剤なども販売されていますし、サプリを飲むのも効果があります。

 

基本的な対策はむだ毛を生やさないことと、石けんできれいに洗浄することです。

 

自分でこれらを工夫して組み合わせれば、きっと今よりも積極的になれるはずです。

 

脇下のニオイが強烈な人は、人によりけりですが、いわゆるチチガの臭いもさせているものです。

 

乳首の辺りのわきがのことですが、脇の下の臭いと同様にアポクリン腺から出る汗がチチガの原因です。

 

わきがほど関心を寄せられることは少ないようですが、性生活で相手から注意されることもあるようですね。

 

黄色くなった肌着で気付くことも多いです。

 

緊張する場面では手汗をかくことは珍しくありませんが、あまりにも酷いとストレスがたまりますね。

 

何とかしたい手汗を防ぐには、ミョウバン、制汗剤、漢方薬、ツボ、塩化アルミニウム、サプリメント、食事療法、ボトックス注射や手術などを体験してみましょう。

 

手汗はニオイが酷くないので、ワキガでは必要な細菌を殺す力の強いものは必要ないでしょう。

 

汗を抑制する効果が高い製品を選択しましょう。

 

脇の下の臭い対策は大きく分けて、治療・消臭・洗浄の3つに分けられます。

 

脇下を消臭効果に優れた石けんなどで清潔にすること、制汗剤などで汗を抑制すること、汗腺を根本的に取り出す手術をすることです。

 

普段からできることはたくさんあるのですが、ワキガ臭のキツさやどれほど気になるかにより、最終的に手術するかどうか自分で決めれば良いでしょう。