汗腺のひとつのアポクリン腺がある

汗腺のひとつのアポクリン腺がある場所は、脇の下・陰部・耳の中・肛門・乳頭周辺などの限られた部位です。

 

アポクリン腺は誰にでもあり、粟の粒のような形状で皮膚の裏側に並んでいます。

 

ワキガで困っている人はアポクリン腺が多数存在し、ひとつひとつの粒も大きい傾向があるのです。

 

粒の数は生まれたときに決定していて、大きさは思春期頃に男女ともに成長し、老人になると小さくなります。

 

もともとは、フェロモンとしての役目をしていたのが、ここから出るにおいでした。

 

ワキガのニオイを治すためには、手術しかないと考える人も多いですが、自分でも充分治すことができます。

 

制汗剤にも良いものがたくさん出回っていますし、サプリなどを使うのも良いでしょう。

 

わきが臭の対策はムダ毛を処理することと、石鹸でしっかり洗うことです。

 

これらを組み合わせて自分なりに工夫すれば、いまよりもっと積極的な自分に変われるでしょう。

 

足の臭いの原因は主に、足の裏で繁殖してしまった雑菌です。

 

靴や靴下を履くことで湿度も温度も上昇するので、細菌が増えやすい環境になるのです。

 

足裏には汗腺が集中していて、手のひらと同じように緊張や不安などで発汗します。

 

ムレを防止して、デオドラント剤などの使用をお勧めします。

 

ワキガは有名ですが、スソワキガはさほど有名ではないようです。

 

すそわきがは陰部の周りがくさいもので、医学的な名称は外陰部臭症です。

 

部位に限らずワキガは病気ではなく、優性遺伝で起こることが多い体質的なものです。

 

男より女に多くて、sexや生理中に臭いがきつくなるようです。

 

彼氏を作ることをためらう人も中にはいるようです。

 

普段の生活の中でも皆さん手汗はかきますが、酷い汗はストレスになります。

 

酷い手汗を防止するのは、サプリメント、食事療法、漢方薬、ツボ、ミョウバン、塩化アルミニウム、制汗剤、ボトックス注射や手術などが効果が高いようです。

 

手汗はニオイがあまりしないので、ワキガ臭対策に必要な殺菌力・抗菌力は必要ありません。

 

汗腺をふさいで汗を抑える効果があるものを選べば良いのです。