わきが対策は大きく分けると、治療・消臭・洗浄の3つ

わきが対策は大きく分けると、治療・消臭・洗浄の3つに分けられます。

 

脇の下を消臭効果の高い石鹸などでキレイにすること、制汗剤などを使うこと、汗腺を根本的に取り出す手術をすることです。

 

いつもの生活で行うことは山のようにあるでしょうが、ワキガ臭のキツさや自分が気にしている度合いによって、手術するかどうかを決定すれば良いでしょう。

 

ワキガをスッキリ治すには、手術しかないと思っている人もいるようですが、自分自身でも充分に治療できます。

 

制汗剤なども優れたものが流通していますし、消臭効果のあるサプリメントでも良くなります。

 

対策の基本はむだ毛を放置しないことと、セッケンで充分に洗うことです。

 

これらを自分で工夫して組み合わせれば、積極的な自分に生まれ変われるでしょう。

 

人間の汗腺のひとつのアポクリン腺が存在する場所は、脇の下や陰部、乳輪などの限局された部位です。

 

人は皆アポクリン汗腺を持っていて、皮膚の裏側に粟粒のような形状で並んでいます。

 

脇が臭う人はアポクリン腺の数が多く、比較的1つ1つの粒も大きめです。

 

粒の数は生まれつき決定されていて、大きさは男女ともに思春期を迎える頃に大きくなって、年老いてゆくにしたがって小さくなります。

 

ここから出る臭いは、本来は異性を惹き付けるためのフェロモンだったのです。

 

ワキガの噂のある有名人の中で、一番有名なのが木村拓哉さんです。

 

誰もが知っている芸能人の中にもワキガの人がいると分かると、かなり救われるのではないでしょうか。

 

その他、倖田來未さん・高橋愛さんなどもきっとワキガだということです。

 

もちろん真相は定かではありませんが、入浴するのが嫌いと答えたことがある人が多いようです。

 

やはりワキガは清潔にすることが一番のようです。

 

緊張する場面では誰でも手のひらに汗をかきますが、酷い汗はストレスになります。

 

なんとかしたい手汗を防止するには、ツボ・食事療法・漢方薬・サプリメント・ミョウバン・制汗剤・塩化アルミニウム、手術やボトックス注射などを試してみましょう。

 

手汗はニオイが酷くないので、ワキガに対してするような強い殺菌・抗菌作用は必要ないです。

 

汗を抑制する効果が高いものを選べば良いのです。